「1兆円」のモノ凄さ!

よく日常で、「経済効果が○○兆円」だとか、「ソフトバンクの売上がもうすぐ9兆円」だとか、【兆】という単位をよく耳にします。

 

この「兆」という単位、小学校では4年生で「大きな数」という単元で習います。

教えるほうも、「万」や「億」くらいはイメージできますが、「兆」となるといったいどんな感じなのか、正直さっぱり分かりません(汗;)

そこで、簡単な計算をしてみると、これを読んでいる方もイメージできるのではと思い、書いてみます。

 

ハイ!

あなたは今、超大金持ちになりました。

神様は、あなたが望む全ての財(お金を)与えてくれます。

 

ヤッター!

じゃあ、お金使い放題ね!

神様、ありがとう!

私に1兆円を下さ~い!

生きている間に、自由に、思う存分使って見せます!

 

まぁ、こんなふうに思ってみて下さい。

 

そこで、神様はあなたに

ハイ!仰せのとおり・・・

ということで、「1兆円」を天からあなたに与えてくれます。

(まぁ、これを運用すれば、もっと増えるんですが、今はこの話はなしで、使い切ることだけを考えてみます。)

 

たとえばです。。。

 

今日からあなたは、毎日、毎日、毎日、「1,000万円」を使っていくことにします。

何に使うかは人それぞれでしょうか・・・(;^_^

 

1年365日、毎日、毎日、毎日、毎日・・・1,000万円!

生まれてから死ぬまで、仮に100年間使ったとして。。。。

 

1,000万円 × 365日 × 100年間 = 365,000,000,000円 !!!!!!

といっても、たかだか、3,650億円 にしかならないんです。

 

ということは・・・

1兆円を使い切るには、

 

ナントナントナント、300年近くかかる!計算になります!

 

「兆」という単位の大きさがいかほどか、少しはイメージできたでしょうか?

 

 

さらに、ご存じの方も多いと思いますが、もっともっと、も~っと大きな数の単位があります。

よく知られている、最も大きな数というのが、「無量大数」ですね!

その数、ナント1068

つまりゼロが68個つくわけです。

もう想像すらできません(;^_^A アセアセ…

天文学的とはこのことでしょう。

 

でも実は、華厳経という経典に出てくる最大の数の単位に、

不可説不可説転(ふかせつふかせつてん)というものがあります。

 

その大きさ、なんとまあ

10372183838819776444413065976878496481295

 

よく分かりませんね。

 

ということで、「大きな数」のトンデモナサのお話しでした・・・

 

ご挨拶

SBI個別パートナーは個別指導を行う学習塾で、八幡市、欽明台、松井山手、京田辺市、枚方市、長尾、楠葉などから通う、大住中学、男山東中学、男山第二中学、美濃山小学校、松井ヶ丘小学校、桃園小学校、楠葉中学などの生徒を対象に、成績アップ、学力向上、中学受験、高校受験、大学受験をめざし塾長が直接個別指導を行っています。また、そろばん塾ピコ、速読教室、理科実験教室、ロボット教室も開講し、夏期講習、冬期講習、春期講習も実施。無料体験も受け中です。中間テスト、期末テスト、定期テストなどではテスト対策授業も行い、漢検、数検、英検も実施。地域の皆様に貢献できる学習塾、進学塾、個別指導塾としてこれからも頑張って参ります。