子どもの「ほめ方」「叱り方」- そのちょっとしたコツとは?

心理学の世界では、人間はたった一つの動機で行動を決めている、と言われているそうです。

 

「えつ、そんなバカな!」「動機は人それぞれでしょ?」と言う声が聞こえてきそうです。

 

いえいえ、本当にそうなんです。

たった一つの動機です。

それを知ってしまえば、子どもとのコミュニケーションは、とても楽になりますよ~(^_-)

 

じゃあその「動機」とは何でしょう?

 

 

実は・・・

 

『痛みから逃げて、快楽を求める!』

 

ということです。

 

 

どうです?

当たり前のことと言えば当たり前のことですね。

 

学校の先生も、政治家も、スポーツ選手も、となりのお母さんも、 全員が「痛みから逃げて、快楽を求める」ために、行動をしています。

お母さんからいつも「勉強しなさい!」と言われて嫌な思いをすれば、子どもは勉強が嫌いになります。

勉強が「痛み」になつて、ますます勉強できなくなります。

反対に、工夫して勉強を楽しみ、成績も良い子どもは、 勉強がとても好きになります。

勉強が「快楽」になっているのです。

これはシンプルですが、知っておくと使い勝手がとても良い知恵です。

 

『痛みから逃げて、快楽を求める・・・』

 

これは本当に重要な知恵ですので、『痛みと快楽の原理』として、良く覚えておいてくださいね!

 

大人は痛みを我慢して行動することもできます。

でも、子どもにはそれはなかなか難しくてできません。

『痛みと快楽』の原理に、行動が直結しているからです。

 

ご自分の子どもの行動をいろいろ思い出してみてください。

・・・ほとんどは「痛みと快楽の原理」で説明できることがお分かりになるでしょう。 

 

ですから、子どもが少しでも頑張ったのを見逃さず、心からほめてあげることが必要です

 

あなたとの関係に『快楽』 を結び付けるのです。

 

小さなことであっても、子どもの良い点を見逃さないで、ほめてあげてください。

 

 

歴史上の偉人や、現代の成功者と言われる方たちは、子どもの頃に肉親(もしくは血は繋がっていなくても、 心から自分のことを思ってくれていた人物)から受けた言葉の影響を、 ご自身の成功の理由に挙げられる方がとても多いです。

最近では、ソフトバンクの孫正義社長の話が知られています。

(孫さんは、私が尊敬し敬愛する人物の一人です。)

孫さんは幼い頃からお爺さんの膝の上で、「お前は天才だ」と言われ続けて育ったとおっしゃっています。

そして、 自分を本当に天才だと信じて疑わなかったそうです。

 

明治維新の時代には、坂本竜馬と姉の乙女の話が有名です。

 

いじめられっ子だった竜馬の中に、ある素晴らしさを竜馬に伝え、「お前はできる」と言い続けたのは、実は姉の乙女でした。

後に竜馬は回想して、 乙女が自分の人格や精神に与えた影響力の大きさを語っています。

 

ぜひ子どもの本来の素晴らしさを認めて、どんどんほめてあげてくださいね。

ところで、ほめ方にもコツがあることが分かっています。

子どものタイプは3つあり、ご自分の子どものタイプに合ったほめ方をすると、 とても効果を発揮します。

『感覚重視』『人間関係重視』『事実重視』の3つのタイプ別に見てみましょう。

まずそれぞれのタイプの説明をします。

 

『感覚重視タイプ』の子は、物事を直感で判断し、表現力がとても豊かです。

親や友達から一目置かれたいという願望が強く、拡大志向を持ち、輝く成功を目指します。

合理的思考も持っています。 やや調子にムラがあるという特徴もあります。

 

『人間関係重視タイプ』の子は、皆と仲良くしたい、 人とケンカや競争をしたくないという願望が強いです。

信頼できる人間関係を一番大事にする子で、一人でも頑張れますが、 人と協力することで更にその子の良さが活かせます。周囲に気を配ることのできる優しさを持っています。

人に説明するときは、 相手に理解できるよう、または自分が誤解されないように、話が長くなりやすいです。

「なんで?」「どうして?」という言葉が多いです。

それは、一から十まで全て知りたいと思う傾向があるためです。そのためやや無駄が多いのも特徴です。

 

『事実重視タイプ』の子は、夢を具体的に実現したいという願望を持ちます。

常に自分のペースを守り、自分の好きなことができる世界を構築したいと考えます。

表現力は3タイプの中で一番控えめです。

優しさを表現する際は、さりげない気遣いという形で表します。

自分がそうなので、人の笑顔やお世辞に疑念を持ってしまったりします。 

 

3つのタイプのいずれかに、完全に当てはまる子どもはあまりいません。

一番強いタイプと、 二番目に強いタイプの混合である場合が多いです。

ご自分の子どものタイプを知るには、これからお話するほめ方を実践して、 一番子どもが反応する方法を見つけてください。

 

同じほめるでも、やり方がぜんぜん違いますね。

例えば、子どもがお母さんのために、似顔絵を描いてくれたと仮定しましょう。

「お母さん、 これ学校で描いたんだ~」と絵を持ってきてくれた場面を想像してみてください。

各タイプ別のほめ方は次の通りです。

 

 

感覚重視タイプ

オーバーアクションで感情を込めてほめます。

『感覚重視タイプ』の子どもには、

「すっご~い!じようず~! 良く頑張ったわね!」

「メチャメチャうまいじゃな~い!」

「最高~!あなた天才じやな~い!?」

のように 感情で喜びを表現してあげると、子どもの心に響きます。

感覚で物事の本質をとらえる子だからです。 

 

この子に他の褒め方をすると、子どもの喜びは半減します。

感覚でとらえる子には、 具体的な説明は必要ないのです。

「親が感情を込めて喜んでくれた」

「心からほめてくれた」

と思えることが大切です。

(・・・ちなみに私はこのタイプかな?)

 

『感覚重視タイプ』の子に具体的な質問などすると、「心から喜んでくれてないんだ」とがっかりさせることになります。

ちょつと恥ずかしいかもしれませんが、過剰なぐらいの表現がちょうど度良いのです。

 

人間関係重視タイプ

子どもが頑張った動機をほめます。そして、子どもがどのようにやったかを聞いてあげます。

次に、『人間関係重視タイプ』の子どもには、 彼の動機や人間性をほめてあげてください

「良くやったわね~。きちんと約束を守ったのね!えらいわ。」

「ありがとう~。お母さんのために措いてくれたのね。本当に嬉しいわ~♪」

などです。

動機をほめた後は、絵を良く見て具体的な点を指摘し、 「うんうん♪ここは良いね~。どうやって書いたの?」など、子どもがそれをどのようにやったかを質問してあげてください。

子どもは自分のことが認められていると感じ、嬉しさとお母さんへの愛情は倍増します。

『人間関係重視』の子は、人に認められ、 人とのつながりを感じることが大事だからです。

 

この『人間関係重視タイプ』の子に、先の感覚的なほめ方をすると、子どもは「本当に僕のしたことを分かってくれているのかな?」 と疑ってしまいます。

具体的に、自分が子どもの気持ちに感動したことを伝えましょう。

 

また、 子どもに良かれと思って「事実重視タイプ」のように改善点を指摘したりすると、子どもは自分の前向きな気持ちや善意を、 お母さんが十分に受け取ってくれていないように感じて、非常に悲しい思いをします。

『人間関係重視タイプ』の子は、 人に認められることで次のモチベーションを得ます

 

事実重視タイプ

まずほめてから、次に良い点を具体的に伝えてあげ、さらにもっとこうすれば良くなるという改善点を伝えます。

『事実重視タイプ』の子どもには、「あら!どうもありがとう♪」 といった後、絵をよく観察します。

ここまでは『人間関係重視タイプ』の子と同じです。

ですがその後は、 大人の視点から見て具体的にコメントしてあげます。

まず、「ここは良いね。素晴らしいね。」

次に、「この部分は、こうしたらもっと良くなると思うよ」

という改善点を教えてあげます。

 

『事実重視タイプ』の子どもは、自分の仕事が正当に評価されているかどうかを気にします

『人間関係重視タイプ』の子が改善点を言われると、 自分の動機が否定されているような寂しさを感じるのに対して、『事実重視タイプ』の子は、自分を正確に知り、新たな目標ができたことで、 次のモチベーションにつながります。

 

このタイプの子に対し、感覚的にほめた場合、「ぜんぜん分かってないな~」と思われてしまいます。

また動機や思いをほめると、子ども扱いされているように受け止めてしまいます。

 

タイプによってぜんぜん違いますね。ご自分の子どもがどのタイプに当てはまるかは、実際に3つのほめ方を実践してみて、 一番ピッタリ合うものを探してみてください。

 

3つのどれかに当てはまると思いますよ~。

 

 

次に叱り方についてお話します。

叱るときにもコツがあります。

 

「やっておきなさいって言ったでしょう!」などと、感情的に怒るのはダメです。

子どもは「隠す」ようになります。

 

「どうしてやらないの?」 などと、問い詰めるのはダメです。

子どもは「言い訳」を考えるようになります。 

 

何も言わないのは一番ダメです。

子どもは自分の存在が認められていないと感じて、「自尊心を失います」。

この子は他人の自尊心も考えられなくなります。

(※このあたりのことは、コーチングの手法になってきますので、別の機会に詳しくお話ししたいと思います。)

 

非常に大切なことですが、叱る時は、

「行為」そのもの(=Doing) を叱り、子どもの「存在」(=Being)は決して否定してはいけない

と言うことです。

(例:「○○なことをするなんて、あなたは××ね!」のように言ってしまうと、 子どもに××という「レッテル」 を貼ってしまうことになります。)

 

少し長くなってしまいましたが、もし参考にしていただけるなら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ご挨拶

SBI個別パートナーは個別指導を行う学習塾で、八幡市、欽明台、松井山手、京田辺市、枚方市、長尾、楠葉などから通う、大住中学、男山東中学、男山第二中学、美濃山小学校、松井ヶ丘小学校、桃園小学校、楠葉中学などの生徒を対象に、成績アップ、学力向上、中学受験、高校受験、大学受験をめざし塾長が直接個別指導を行っています。また、そろばん塾ピコ、速読教室、理科実験教室、ロボット教室も開講し、夏期講習、冬期講習、春期講習も実施。無料体験も受け中です。中間テスト、期末テスト、定期テストなどではテスト対策授業も行い、漢検、数検、英検も実施。地域の皆様に貢献できる学習塾、進学塾、個別指導塾としてこれからも頑張って参ります。