欠点や長所があるからこそ、才能を発揮できる

下の2つの円で、どちらが「気になり」ますか?


あるアメリカの学校で理科の授業中、 実験に使っていたマウスが逃げ出し、どこに隠れたのかわからなくなった。


女性の教師は生徒たちに探させたが見つからない。そこで全員を席に着かせ、自信たっぷりにこう言った。

「これだけ探しても発見できないのなら、あとはモリス君にお願いしましょう。」


途端に、ちょっと待って、なんでアイツが、という声があちこちから起こった。教室はざわめき、ある一人が、「モリスには無理です!」 と手を挙げて言った。


実はモリスは、目が不自由だったのである。



教師は答えた。


「なるほど、確かに目が不自由です。だからモリス君には無理だとみなは思うかもしれません。

でも先生は知っています。 モリス君は目が不自由でも、神様から素晴らしい能力をもらっています。

聴力です。

モリス君、 お願いできますか?」


そしてモリスは期待に応えて見事探し出した。

そして、日記にこう書き残した。

『あの日、あのとき、僕は生まれ変わった。

先生は僕の耳を神様がくれた耳だと言って褒めてくれた。

僕はそれまで目が不自由なことを、心の中で重荷に感じていた。

でも、先生が褒めてくれたことで、僕には大きな自信がついた。』

このマウス事件から十数年。

【神の耳】を活かして、音楽の道に進んだスティービー・モリスは、シンガー・ソングライターとして鮮烈なデビューを果たす。


スティービー・ワンダーという名前で・・・。

この話は、「ココロでわかると必ず人は伸びる(木下晴彦著)」の中の文章を引用させていただきました。


さて、もう一度見て見ましょう。


上の2つの円で、どちらが「気になり」ますか?


ほとんどの人は、左側の方が「気になる」と思います 。


人はどうしても「欠けている部分」「不完全な部分」が気になってしまいます。

欠けていたり不完全な部分があると、 それを完全な姿にしたくなってしまうのです。


でも、ここで見方を少し変えて、まだ不完全な部分はそれそれとグッと認めた上で(放っておいていいという意味ではありません。)、完全な部分(つまり長所)をもっともっと引き出す方が、 本人にとっても能力を開花させやすいと思います。

 

勉強でも何でも、苦手な部分は努力してより良くする努力はもちろん大切です。

そのために、私も日々生徒たちとがんばっているわけですから。

 

でも、不完全部分を直そうとするとき、「頑張る」ということがどうしても必要になってくるわけです。

「頑張る」とは、自分の中の「何か」と戦っている状態です。

 

人間、好きなこと、得意なことをしているとき、「頑張っている」という意識は働きません。

傍から見てたいへんだなあと見えることでも、本人は好きでやっているわけですから、辛くも何ともないのですね。


著名な船井総合研究所の船井幸夫氏も会社や人を伸ばす一番の方法は、「長所進展法」であると言っており、 SBI個別パートナーでもこれを理念の一つに掲げています。

ご挨拶

SBI個別パートナーは個別指導を行う学習塾で、八幡市、欽明台、松井山手、京田辺市、枚方市、長尾、楠葉などから通う、大住中学、男山東中学、男山第二中学、美濃山小学校、松井ヶ丘小学校、桃園小学校、楠葉中学などの生徒を対象に、成績アップ、学力向上、中学受験、高校受験、大学受験をめざし塾長が直接個別指導を行っています。また、そろばん塾ピコ、速読教室、理科実験教室、ロボット教室も開講し、夏期講習、冬期講習、春期講習も実施。無料体験も受け中です。中間テスト、期末テスト、定期テストなどではテスト対策授業も行い、漢検、数検、英検も実施。地域の皆様に貢献できる学習塾、進学塾、個別指導塾としてこれからも頑張って参ります。