ピッパの法則

日常的に良くあることですが、例えばあること(=問題)に対していろいろ考えていて、「あっ、そうだ! ○○しよう。」と心の中でふと思いついたりしたとき、あなたならどう反応しますか?

 

 →「今はやることがいっぱいあるから、あとからやろう・・・ (先送り)」

 →「でもやっぱりムリかも・・・ (できない理由を探す)」

 →「いつやってみるかとりあえず決める」

 

など、いろいろあると思います。

 

そんなときに覚えておいて欲しいのが・・・・

 

「ピッパの法則」

 

というものです。

「ピッと感じたら、パッと行動する」という意味です。

 

ただし、これは「軽はずみな行動を取る」ということではありません。いい考えや思いつき、または問題の解決法などは、「実際にやってみなければ分からない」ということです。

そのときに、「ああでもない」「こうでもない」と考えばかりが先に行っていると、からだが動きませんね。

まずは「やってみる」「行動してみる」ということです。

ただ、実際に行動を起こす前に、どうしても「先が見えない不安」がつきまといます

 

でも心配はいりません。実際にアクションを起こすと、すぐに次の現実が目の前に出てくるわけですから、あとは次々現れる現実に対応していけばいいわけです。

 

私の好きな言葉・・・

『行動すれば次の現実』

 

アクションや行動を起こすときに、「失敗」ということは考えなくてもいいです。行動を起こしたことで、一見すると良くない結果になったとしましょう。


でもこれって、やってみたからこそ見えてきたわけで、行動を起こさない限り永遠に分からないことです。

逆に、「何もしないこと」こそ「失敗」だと思うのです。

いかがでしょうか。。



『事を行うにあたって、いつから始めようなどどと考えているときには、すでに遅れを取っているのだ』 

(クインティリキス)