飛べるのに飛ばない「蚤(ノミ)」の話し

「ノミ」ってみなさんご存じですよね?

私は実際には見たことがありませんが(^_^;)

 

このゴマ粒ほどのノミは、あんなに小さいのに1mほどもジャンプして飛べるそうなんです。


で、このノミくんを30cmほどの密閉した箱の中に入れたらどうなるか・・・

 

そうです。

箱から抜け出そうとジャンプを繰り返すのですが、ジャンプするたびに蓋(フタ)にぶつかるわけですね。(痛)


そして2分ほどするとこのノミくん、蓋にぶつからない程度の高さまでしか飛ばなくなるそうです。


あきらめが早いノミくんですね。


次に、このノミくんをひっくり返したコップの中に入れたらどうなるか?


今度は10cmほどのコップの高さまでしか飛ばなくなってしまいます。

さらに今度は、このノミくんに裏返したお皿をかぶせると・・・?



そうです!



ご想像どおり、全く飛ばなくなってしまいます


もう自分には飛ぶ力がないのだと勝手に判断してしまうんですね。




ではこれを、われわれ人間、特に子どもに置き換えてみるとどうでしょうか?


私たちは生きていく過程でいろいろな失敗をします。

挫折も経験します。

がんばってはみたもののうまくいかないこともいっぱいです。


そしていつの間にか、とても狭い枠の中に自分を押し込めて、自分で勝手に「限界」を決めてしまいます。


「どうせムリ」「もう限界」「やってもムダ」・・・


いろんな言い訳を言って、自分の殻を割ろうとはしなくなってしまうんですね・・・

われわれ大人だってそうですし、子どもならなおさらです。

がんばってもなかなか結果がついてこないこともあります。


そして、中には「自分はこの程度・・・」と決めつけてしまって、高く飛ぼうともしなくなってしまう場合も出てきます。


そうです。。。

「飛べるのに飛べないノミくん状態」になってしまうのです。

こういうのを専門用語で「条件付け」と言いますが、私も含めてほとんどの人は何らかの条件付けがあります。


私自身は、あることがきっかけで、それまで「人前でスピーチできない」という条件付けを解き放った経験があります。


まわりの大人も子どもたちに対しては、少しでも前進できたことを認めてあげて、ほめてあげることが今すごく大切な時期だと思います。


私も子どもたちと一緒に飛ぶ練習をして、たとえ失敗しても根気強く向き合い、少しでも進歩があれば大いに認め、さらにもっと高く飛べるようにと、これからもがんばっていきたいと思います。


子どもたちの可能性の殻を破っていくお手伝いができれば、こんなにうれしいことはありません