【ロボット教室】ご入会までの流れ

1)まずは、「体験授業」をご予約下さい。(フリーダイヤル:0120-119-335


こちらの「お問合せフォーム」からお問い合せいただくこともできます。
体験授業は、通常日曜日(午後1:00~2:00)(ただし、最大定員3名様まで)に行っておりますので、ご都合のよいお日にちをお聞かせ下さい。

2)体験授業の際、ご質問等に対してくわしく説明させていただきます。

3)入会をご希望の場合は、体験日から3日以内(水曜日まで)に「入会申込用紙」等の書類をご提出いただき、入会金等の諸費用をお納め下さい。

4)翌月から当ロボット教室にて、毎回楽しくワクワクする授業が始まります!

受講費用等

入会金 10,800円  
ロボットキット購入代金(入会時のみ/最長4年間使用) 30,780円  
受講料(90分×月2回) 9,720円  
テキスト代 540円  
 上記はすべて税込金額です。    

ロボット教室 <欽明台校> - よくある質問

ロボット教室は、次の3コースがあります。

コース名 レベル
ベーシック・コース  初級のコース。まずはここからスタートします。
ミドル・コース  中級のコース。ベーシック修了後に受講できます。

よく「小学1年生でも大丈夫か」というご質問を受けますが、1年生に就学したばかりのお子さんでも全く問題はございません。

実際のロボット制作時には、初めのうちは少し補助してあげる場面もありますが、2ヶ月もすれば十分慣れてきます。

 

アドバンス・コースはミドル修了者を対象としますが、「光センサー」「音センサー」を使うなど、高度な内容となっています。

 

したがって、ミドル修了者であっても習熟状況や年齢を考慮して、アドバンス開始時期を考慮させていただく場合があります。

 

当教室では、毎月第2・第4土曜日を基本に開講しています。(月によって変動有り)

授業時間帯は、午後1:00~2:30 となっております。

 

現在の「空席状況」 → 4名

なお、本年度の年間開講スケジュールにつきましては、以下をごらん下さい。
(PDFで表示されます。)

2018年度 ロボット教室【受講スケジュール】
本年度の受講スケジュールをPDFでダウンロードできます。
2018年度 ロボット 受講スケジュール.pdf
PDFファイル 110.5 KB

他のロボット教室さんでは、振り替えできないようになっているようですが、欽明台教室では授業当日、風邪や学校の行事等でどうしても都合がつかない場合は、振替授業を行っています。

(ただし、自己都合による安易な振替につきましては、ご遠慮いただいております。)

 

せっかく毎回楽しみしているロボットの授業を休んでしまうのは、非常にもったいないことです。

欠席したただ一人の生徒さんのためであっても、欽明台教室では、授業当日に時間を変更したり、あるいは別の土曜日や場合によっては日曜日を使って、可能な限り振替授業を行っています

まずはじめにロボット教室の年間のカリキュラムについて説明します。

 

入会初月は【スタートアップ講座】を行います。

このスタートアップ講座は、すでに入会している生徒とは別の時間に、個別に行うプログラムです。

この講座でブロックキットの各パーツの名前をある程度覚え、簡単な「三輪車ロボ」を制作してパーツの扱いに慣れていただくことが目的です。

 

初月のスタートアップ講座修了後、翌月から他のコース生と合流して、授業に入っていきます

 

【各コース受講期間】

・ベーシック・コース … 18ヶ月(スタートアップ月を除く)

・ミドル・コース … 18ヶ月

 

毎月作成するロボットは決まっています。

どの月で入会しても、18ヶ月経過すると、次のミドルコース進級となります。

 

各コースとも、毎月難易度が上がっていくというものではございませんので、年度の途中入会であっても、その分ハンディがあるわけではありません。

 

いいえ、買い直す必要はありません。

初回にご購入いただいたキットでベーシック・ミドルの3年間使用することができます。

 

ロボット教室では、毎月1体のロボットを制作します。

1回目の授業では、動くしくみの基本構造を完成させます。

 

そして2回目の授業で、基本構造を発展させ、新しい動きや別の動きをつけたりして応用・発展の内容に取り組んでいきます。

 

さらに完成させたロボットを、自分なりにアレンジして改造を施したりデザインを工夫したり、子どもたちが思い思いの「自分の」ロボットに仕上げていきます。

ここは子どもたちが一番創造性を発揮する場面で、子どもの目が一番輝くときです。そして、子どもたちはみんな実に楽しそうに”My Robo”を作り込んでいきます。

ロボットの授業は、子どもの様々な能力を引き出す可能性を持ったものだと確信しています

たとえば「集中力」です。

机上の勉強だけではなく、モノづくりを通して集中力を養えるのも、ロボット教室ならではと思います。

 

実際の授業では、「テキスト」の説明と指示を「自分で」読みながら進めていきます。

実はテキストの写真だけを見ていてもうまく作れない仕組みになっているのです。

 

テキストの説明をしっかり自分で読み、指示に従って組み上げていく作業を行っていきますので、読み飛ばしたり、適当にやってしまうと正確な動きを与えることはできません。

 

中には途中でうまくいかなくなって失敗することも度々あります。

ですが、失敗から学ぶことも大切です。

どこでまちがえたのかを前にもどって一つ一つ確認しながら自分の間違いに気づき、もう一度組み上げていく、といった試行錯誤を通して、集中して指示を読み、正確に根気よく組み立てていく力が養われるのです。

ロボットを何体か作っていくうちに、これから作るロボットの動きを予測できるようになる子どもも出てきます。

 

実際の授業の際も、よく生徒が

「このギヤとこのギヤがこう動いて、この足が・・・って動く」

というようなことを発見する子が出てきたのも驚きでした。小学校低学年でここまで考えられるようになるのも、ロボットの醍醐味の一つといえます。

また、このような「動きのある立体物」を作っていくことによって、空間認識力や論理的な思考力も自ずと身についていきます。

 

小さいうちから、このような力を「楽しく」しかも「気づかず」身につけていくわけですから、将来、平面図形や空間図形といった算数・数学の学習を行うときに、大いに役立つことはまちがいありません。

そのような観点から言いますと、ロボット教室は、単なるロボットづくりではなく、お子さまの「能力開発」というべきものだと思います。


そのような視点で、当ロボット教室の保護者の方からの「声」をアップしました。こちらをごらん下さい。

 

ロボット教室では、2回の授業で1体完成させ、翌月の授業のはじめにそれを解体して、新たなロボットを作成していきます。

2009年の開校当初は、作ったロボットを持ち帰って、細かいパーツやブロックをなくしてしまう可能性もあることから、原則教室保管としていました。

 

でも現在は、部品の紛失に関しては自己責任として、2回目の授業後に家に持ち帰ってもよいことにしています。

せっかく作ったロボットですから、もっと自分で動かしてみたい、もっと改造してみたい、お父さんお母さんに見てもらいたいなどとと思うのも当然です。

部品の管理はしっかりとしていただく上で、自宅への持ち帰りは許可しています。

部品の紛失等で、どうしても足りなくなってしまったパーツに関しては、たとえばタイヤ1個ごと、シャフト8ポチ1セットなど、パーツごとに別途ご購入いただけます。

 

ロボット教室で使用するブロックキットは、LEGOブロックではありません

 

使用するブロックキットの1つ1つのパーツは、ロボット教室の開発者である、おなじみの「高橋智隆」先生自身が一から開発したものです。

それには様々な工夫が詰まっており、大きさデザインはもちろんのこと、LOGOと違ってブロックにコンマ数ミリという切れ込みを入れて、組んだり外したりが容易にできるように高橋氏独自の工夫がいっぱい詰まっているものです。

さらに、電池ボックス付きスライドスイッチ、タッチセンサー(ON型/OFF型)、クランクシャフト、ベルルギヤなど様々な動きを持たせるのに欠かせない独自のパーツを使用しています。

蛇足ですが、このようなパーツを開発して、しかもこんなスゴイ動きをするロボットを頭の中で開発してしまう高橋先生は、スゴすぎます!

毎回のことですが、授業前に私が次回授業分を試作してみるわけですが、毎回ホントに感心してしまいます!

「こんな動かせ方、いったいどうやって思いつくんだろう?」と・・・

 

「ロボット教室(欽明台校)」に関するお問合せはこちら
「ロボット教室(欽明台校)」に関するお問合せはこちら

ご挨拶

SBI個別パートナーは個別指導を行う学習塾で、八幡市、欽明台、松井山手、京田辺市、枚方市、長尾、楠葉などから通う、大住中学、男山東中学、男山第二中学、美濃山小学校、松井ヶ丘小学校、桃園小学校、楠葉中学などの生徒を対象に、成績アップ、学力向上、中学受験、高校受験、大学受験をめざし塾長が直接個別指導を行っています。また、そろばん塾ピコ、速読教室、理科実験教室、ロボット教室も開講し、夏期講習、冬期講習、春期講習も実施。無料体験も受け中です。中間テスト、期末テスト、定期テストなどではテスト対策授業も行い、漢検、数検、英検も実施。地域の皆様に貢献できる学習塾、進学塾、個別指導塾としてこれからも頑張って参ります。